認知症に悩まされる前に|家族と共に予防して対策を

シニア

更年期の注意点

錠剤

更年期障害は閉経前後の更年期になりやすい体調の変化や自律神経の乱れです。更年期障害をうまく乗り切るには、毎日の規則正しい生活に加えて女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整えるサプリメントの活用がおすすめです。

詳細を確認する

乾燥対策の商品

錠剤

乾燥肌対策のサプリメントには、現在話題の保湿成分が広く取り入れらています。このような成分は、腸で分解され吸収されるのが特徴です。腸の環境を整え、健康的な食生活を送ることが肌の潤いを守る方法となります。

詳細を確認する

生活習慣改善と脳活性化

シニア

生活習慣の改善

認知症の予防法としては、生活習慣の改善が良いことが判明しています。食生活、運動習慣、睡眠の3つの視点が大切になってきます。特にアルツハイマー病などは、脳の血行改善が効果的と言われていますので、食生活面では、ビタミンE、ビタミンC、EPAやDHA、ポリフェノールを摂取することを心がけましょう。緑黄色野菜や果物、魚、納豆や豆腐、赤ワインなどを積極的に取り入れると良いでしょう。運動習慣としては、軽い運動で構いません。週の半数以上は運動を継続的に行うことをお勧めします。睡眠関係は十分な睡眠により、脳に休息を与えることがポイントとなってきます。これらの生活習慣改善で、認知症のリスクは予防することができます。

脳を活性化させること

認知症になる前に記憶力をはじめとする脳を鍛えることは、認知症を予防、つまり発症を遅らせる効果があると言われています。読み、書き、そろばん(計算、計画)の力は脳を鍛えたり、若返らせたりするのに最も効果的です。例えば2日前の行動パターンや食事の内容を書き出してみるということは、記憶力を高めるとともに「書く」という行動で脳が活性化されます。文章を声に出して読んでみることも効果的です。数字を使った、ナンプレをはじめとするゲームや、かけひきのあるトランプや麻雀、花札などの遊びなども良いでしょう。読み・書き・そろばんは脳の活動の基本となるのです。そしてオススメは料理です。ただ単に料理するのではなく、どうしたら効率的に料理できるか手順を考えたり、片付けまでを視野に入れた料理ができるかなど頭を使って行うことがポイントです。最後に、対人関係も重要なポイントです。人としゃべることも脳の活性化につながります。脳の活性化は、生活習慣改善と並んで認知症の予防法となります。

体を構築する成分とは

健康補助食品

アミノ酸は、サプリメントで手軽に補うことができます。これは、ダイエットや疲労回復に役立ち免疫力を高める効果もあります。筋肉増強の働きもありスポーツ選手には特に愛用されています。インターネットや口コミなどで自分にあったものを選びましょう。

詳細を確認する

Copyright© 2015 認知症に悩まされる前に|家族と共に予防して対策をAll Rights Reserved.